投資初心者のためのお役立ちガイド HOME » まずはここから!マネープランの立て方ガイド » 本当に入るべき保険

本当に入るべき保険

このページでは、生命保険や医療保険など年代別に入るべき保険商品のチョイスとその概要について紹介します。

20代で入るべき保険商品の基礎知識

20代で独身の場合は親や会社から紹介された生命保険になんとなく加入してしまうというケースもあるでしょうが、保険商品は長い生涯における重要なライフプランの一部。目的と商品特性をきちんと理解して加入しておく必要があります。

20代の単身者が入るべき保険商品

年代別に入るべき保険の説明イメージ家族がいない単身者なら医療保障を重視して医療保険に加入しましょう。病気やケガのリスクは若くてもないとはいえないので、長期入院や高額な治療費に対する備えをきちんとしておくことが大切です。

死亡保障も付けておけば安心ですが、扶養家族がいなければあまり高額に設定する必要はありません。

なお、女性の場合は妊娠によって加入制限のある保険があるため、早い段階から医療保険に加入しておくのもいいでしょう。

20代の既婚者が入るべき保険商品

配偶者だけの場合と子供がいる場合とでは保障額も違ってきますが、医療保険と死亡保険に加入しましょう。

30代で入るべき保険商品の基礎知識

30代ともなると保険は自分だけの都合で検討するというものでもなくなりますが、それでも家族の有無などによって組み合わせは違ってきます。

子供がいない30代の既婚者が入るべき保険商品

子供がいない夫婦でも医療保険・死亡保険に加えてガン保険にも加入しておきたいところ。

既婚者であっても配偶者の収入があるかどうかで死亡保障の金額は違うので、共稼ぎなら比較的低めに設定してもいいでしょう。

共稼ぎでない場合は万が一の場合をシミュレーションして、残された家族が自立できるまでの期間を補えるような死亡保障を試算してください。

子供がいる30代の既婚者が入るべき保険商品

医療保険・死亡保険・ガン保険に加えて学資保険と個人年金保険を検討してください。

死亡保障は子供の将来までを見据えて設定する必要があるものの、住宅ローンを利用すると団体信用生命保険に加入することになるので、万が一の時でもローン残債が保険金で支払われることは憶えておいてください。

学資保険は保険商品でありながら教育資金の積立にもなります。医療保障が付いている商品もあるので、ムダに重複しないかのチェックが必要です。

また、そろそろ自分たちの老後を見据えて個人年金保険を始めておくといいでしょう。

40~50代で入るべき保険商品の基礎知識

40代以降はセカンドライフもきちんと視野に入れて保険の見直しなどをすべきタイミング。要点を以下に整理しておきます。

子供がいる40代の既婚者が入るべき保険商品

住宅ローンや教育資金など出費がかさむ時期。30代から引き続き医療保険・死亡保険・ガン保険・学資保険・個人年金保険が必要です。

一方で、ある程度育児の手がかからなくなり、奥さんが働けるようになっている場合、保障額を減らすなど保険の見直しをしてもいいと思います。

子供がいる50代の既婚者が入るべき保険商品

学資保険はそろそろ不要で、医療保険・死亡保険・ガン保険・個人年金保険を継続することになります。子供が自立しているなら死亡保障の金額を低くしてもいいでしょう。

一方で、病気に関するリスクは高くなるので、特約なども含めて医療保障はより充実したプランに変更しておくといいと思います。

このように、保険商品は生涯にわたって必要で、年代に応じて必要な保障なども変わっていきます。

できれば20代から人生設計を立てて、逐次見直しをするのがベター。そのためにもライフプランや資産運用設計をアドバイスしてくれる専門家に相談すべきです。

資産運用に悩む人に!
優良投資セミナー会社3選

クレア・ライフパートナーズ キャプチャ

クレア・ライフ・パートナーズ

【こんな人におすすめ】
・20代・30代で将来が不安な人
・ライフプランを踏まえて投資したい人
・少額から色々な投資をしてみたい人

コモンズ投信 キャプチャ

コモンズ投信

【こんな人におすすめ】
・将来への漠然とした不安がある人
・少額からコツコツ投資したい人
・ファンドに興味がある人

日本財託 キャプチャ

日本財託

【こんな人におすすめ】
・40代・50代で老後の資産形成したい人
・大きな金額をまとめて投資できる人
・中古マンション投資に興味がある人

ページTOPへ