投資初心者のためのお役立ちガイド HOME » まずはここから!マネープランの立て方ガイド » 準備しておきたい教育費

準備しておきたい教育費

このページでは、目標額と貯めるべき時期などで考える教育資金について、基礎知識を紹介します。

いつまでにいくら貯蓄すべきか?教育費の目安とは

まずはパターン別に、子供1人あたりの教育費の目安と貯蓄しておくべき時期について一覧表にまとめてみましょう。

  教育資金の目安 貯蓄する時期 備考
公立高校から私立大学 300万~500万円 中学卒業まで 文系、通学の想定
私立高校から私立大学 500万~700万円 中学卒業まで 文系、通学の想定
私立中学・高校・大学 750万円以上 小学4年頃まで 別途年75万円程度の支出あり

また、平成24年の総務省調査データによると、2人以上の世帯が1ヶ月に支出する平均額は28万6,169円で、そのうち教育費が1万1,970円。教育費は子供が15~21歳の時にもっとも増えて3万8,000円前後となり、支出総額も35万円を超えます。

子供にかかる支出は成長とともに増額するので、教育関連資金は子供が生まれる前から準備しておくのが基本と言えます。

教育費を貯蓄する方法を考える

一般的にいえば住宅購入の次に大きな出費となる教育費。大学までの費用となると短期の節約でどうこうできる金額ではないので、やはり中長期的な資金運用で貯蓄しておく必要があり、その主な方法を以下に紹介します。

自動積立定期で教育費を貯蓄する

もっともスタンダードな方法としては給与から自動的に積立する定期預金があります。

銀行によっては子供がいる場合に優遇金利が適用される商品もあり、0.05~0.2%前後のプラスになります。また、教育ローンの金利が安くなる商品もあって、教育費を含めた資金計画としては複合的に検討できる余地があります。

学資保険で教育費を貯蓄する

保険料といいつつ学資保険は実質的にはその分を教育資金として積み立てていくもの。

途中解約しないことが前提の運用となり、就学前にスタートする条件の商品がほとんど。実際は積立と学資保険を併用するケースもよくあります。

投資信託で教育費を貯蓄する

10年以上の運用期間を踏まえて、教育費の一部を投資信託で賄うという考え方も現在では決して珍しい話しではありません。

もちろんリスクがあるので全体の10~30%までに抑える必要はありますが、インフレリスクに対する分散投資として考えれば、十分検討に値します。

この場合、値動きの明瞭なインデックスファンドや、長期運用向けの国際バランス型商品などリスクの少ない商品が狙い目です。

これらもひとつに絞るのではなく、分散投資でよりリスクを抑えて目標額を貯蓄する必要があり、その資産運用を相談するならライフプランや資産運用設計アドバイスをしてくれる専門家が頼りになります。

資産運用に悩む人に!
優良投資セミナー会社3選

クレア・ライフパートナーズ キャプチャ

クレア・ライフ・パートナーズ

【こんな人におすすめ】
・20代・30代で将来が不安な人
・ライフプランを踏まえて投資したい人
・少額から色々な投資をしてみたい人

コモンズ投信 キャプチャ

コモンズ投信

【こんな人におすすめ】
・将来への漠然とした不安がある人
・少額からコツコツ投資したい人
・ファンドに興味がある人

日本財託 キャプチャ

日本財託

【こんな人におすすめ】
・40代・50代で老後の資産形成したい人
・大きな金額をまとめて投資できる人
・中古マンション投資に興味がある人

ページTOPへ