投資初心者のためのお役立ちガイド HOME » 年収別に見るおすすめ資産運用方法 » 500万円

500万円

このページでは、ムダなく投資するための年収500万円資産運用術と、リスクや頼れる専門サービスなどを紹介します。

分散投資でリスクとリターンを考える、年収500万円資産運用のポイント

年収500万円というと、サラリーマンの平均を超えるわけで、ある種恵まれた環境の人ともいえます。

年収500万円資産運用のイメージ一方、個人年収ではなく世帯年収で見ると500万円を超える家庭も多く、住宅ローンや子供の教育費など出費がかさむ世代も多々含まれます。

ファミリー層でいえば預金や各種保険・ローンなどを含めて、老後までの資産形成と資産運用を考える必要があるわけです。

これまでは定期預金や個人年金以外に資産運用らしいことはしていないという場合、まず考えるべきは分散投資です。

いきなり株やFXで利益を出せといってもそれはギャンブルにしかなりません。やはりローリスクからミドルリスク程度までの投資方法を複数組み合わせて、トータルで将来資産が増えるような戦略を描くことです。

例えば、株式を例にとると東証一部上場企業の優良株が安定しているといわれていますが、東芝でさえ問題が起きれば株価は大きく下がります。

そういう意味では経済成長が見込める海外の外国株や債権にも資産を分散しておけば、万が一のリスク回避にもなり、大化けの可能性もあり得るわけです。

こうした国際分散投資を長期の資産運用に組み込むのも、これからの時代の基本でしょう。

ただし、普通のサラリーマンが効率的な分散投資ができるかというと、金融業界以外の人にはそう簡単な話ではありません。商品ラインナップが豊富な投資信託を選んだり、金融商品をコーディネイトしてくれるような相談窓口を利用するのが現実的です。

年収500万円からはじめられる不動産投資

不動産投資でも初期投資を抑えつつ、比較的無理なく資産運用するという意味では中古マンションの区分所有を分散投資のひとつに加えてもいいかもしれません。

別荘を買うような贅沢ではなく、賃貸物件のオーナーとして経営による資産形成をするわけです。あるいは、不動産投信であるREITなら自分で不動産を所有することもなく、利回り3~5%前後の商品も多々あります。

このように幅広い投資メニューの中からバランスよくチョイスして分散投資するには、いうまでもなくプロのサポートが不可欠。複数の投資商材を取り扱う専門企業で、無料相談などを利用してアドバイスを受けてみるといいでしょう。

資産運用に悩む人に!
優良投資セミナー会社3選

クレア・ライフパートナーズ キャプチャ

クレア・ライフ・パートナーズ

【こんな人におすすめ】
・20代・30代で将来が不安な人
・ライフプランを踏まえて投資したい人
・少額から色々な投資をしてみたい人

コモンズ投信 キャプチャ

コモンズ投信

【こんな人におすすめ】
・将来への漠然とした不安がある人
・少額からコツコツ投資したい人
・ファンドに興味がある人

日本財託 キャプチャ

日本財託

【こんな人におすすめ】
・40代・50代で老後の資産形成したい人
・大きな金額をまとめて投資できる人
・中古マンション投資に興味がある人

ページTOPへ