投資初心者のためのお役立ちガイド HOME » 年収別に見るおすすめ資産運用方法 » 300万円

300万円

このページでは、少額投資からスタートしたい年収300万円資産運用術と、リスクや頼れる専門サービスなどを紹介します。

月1万円の少額投資から!年収300万円台からの資産運用のポイント

労働者の年収別分布を見た場合、もっとも多いのが年収300万円台で、その人口は500万人以上という調査結果もあります。

仮に年収が300万円だとすると、月々の手取額は20万円前後。一見、資産運用をするには元手が心許ないように思えるかもしれません。しかしそれでも、少額投資なら十分可能なのです。

年収300万円資産運用のイメージ

わかりやすい例でいえば、毎月1万円の定期積立預金をしているなら、これも立派な資産運用。

もちろん、超低金利の現代日本ではリターンもごく僅かですが、資産運用は意外に身近にできるものなのです。

1万円前後の小さな額から始められる投資としては、国内外の株式、FX、投資信託などが挙げられます。

また、もしこういった投資方法を選ぶなら、手数料がかからないネット証券の各種サービスを利用するのがオススメ。

特にネットバンクは、グループ企業としてネット証券会社も運営しているので、ネットバンクに口座を作って、オンラインの金融サービスを利用すれば利便性の面でもコストの面でも優位であることは間違いありません。

もちろん、少額だからといって投資である以上リスクはつきもの。投資信託などは比較的ローリスクですが、株式・FXはそれなりのリスクを覚悟しなければなりません。

特にFXの場合、少額で始められる一方で、そのほとんどは信用取引(有り体に言えば借金)に近い形での取引となります。やり方を間違えると、元本割れどころか負債を背負う危険もあることは、知っておいてください。

年収300万円からでも可能?不動産投資について

年収300万円だと不動産投資どころかマイホーム購入の頭金を貯めるのに精一杯と考えがちですが、実はそうでもありません。

20台半ばで年収300万円台のサラリーマンが500万円程度の中古マンションを買って、家賃収入を得ているというケースもあります。

初期の自己資金は約30%で残りは住宅ローンを組み、一方で年間80万円弱の家賃収入を得ています。税制優遇効果や空室・滞納リスクなどをきちんと精査する必要はありますが、表面利回りが10%を超えることもあるのです。

なお、不動産投資では物件選びやローン返済を含めた資金計画、実際の賃貸管理などでプロのノウハウが不可欠。ワンストップ対応してくれる不動産投資会社に相談して、何をどこまで任せられるかなどをヒアリングしてみるのがいいでしょう。

オンラインの各種投資サービスも手軽さという点では初心者にもおすすめですが、何の知識もなく投資をしても簡単にリターンは得られません。

ネットトレードなどのセミナーや相談窓口を利用して、プロのノウハウや情報を得ることも必須です。

資産運用に悩む人に!
優良投資セミナー会社3選

クレア・ライフパートナーズ キャプチャ

クレア・ライフ・パートナーズ

【こんな人におすすめ】
・20代・30代で将来が不安な人
・ライフプランを踏まえて投資したい人
・少額から色々な投資をしてみたい人

コモンズ投信 キャプチャ

コモンズ投信

【こんな人におすすめ】
・将来への漠然とした不安がある人
・少額からコツコツ投資したい人
・ファンドに興味がある人

日本財託 キャプチャ

日本財託

【こんな人におすすめ】
・40代・50代で老後の資産形成したい人
・大きな金額をまとめて投資できる人
・中古マンション投資に興味がある人

ページTOPへ