投資初心者のためのお役立ちガイド HOME » 年収別に見るおすすめ資産運用方法 » 【番外】初心者におすすめの資産運用方法とは

【番外】初心者におすすめの資産運用方法とは

このページでは、リスクが低めで投資初心者にもおすすめできる資産運用方法を紹介します。

できるだけリスクを抑える、初心者におすすめの資産運用法5選

初心者向けの資産運用といえばやはりローリスク・ローリターンが無難なところ。とはいえ、日本は超低金利時代の真っ只中ということもあり、複数の投資方法を組み合わせるのがいいでしょう。

そこで、比較的リスクの低い資産運用を以下に5つ紹介します。

定期預金による初心者向け資産運用ポイント

初心者におすすめの資産運用の説明イメージ金利が低いとはいえ各種ローンを利用することなども考えると銀行との付き合いをしないわけにもいきません。

毎月きちんと一定額を貯蓄するという意味でも、普通預金よりは金利が高い定期預金をひとつは利用しておきたいものです。

ただし、途中解約すると違約金がかかるので、いざという時に引き出しをする必要がない範囲で運用しましょう。

個人向け国債による初心者向け資産運用ポイント

預金よりは多少ましともいえるのが個人向け国債。日本の国債だと年利0.05%と、投資というにはやや寂しい面もありますが、国が元本と利子を保証してくれる分、安心できます。

固定金利だと3年・5年、変動金利だと10年ものがあり、募集期間が設定されているので、必要に応じて預金と棲み分けして申し込むといいでしょう。

外貨預金による初心者向け資産運用ポイント

同じ預金でも海外の金融機関なら国内よりも金利が高い国は多々あります。

オーストラリアドルやニュージーランドドルなどは金利が高めで、日本の金融機関でも取り扱っているので手間取ることもないでしょう。

ただし、為替レートの影響を受けるので、円の価値としては上がる可能性も下がる可能性もある点は要注意です。

株式による初心者向け資産運用ポイント

株式投資は必ずしもローリスク・ローリターンとはいえないのですが、運用方法によってはかなりリスクを抑えることもできるので、初心者向けにできるだけ損失を出さないためのポイントを紹介しておきます。

まず、NISA=小額投資非課税制度を利用することで譲渡益や配当金にかかる20%の税金が非課税になります。

また、2016~2023年の非課税枠は上限120万円なので、その範囲で運用するよう心掛ければ、それが抑止効果にもなるでしょう。

銘柄選びも安定志向にして、トヨタ自動車や三大メガバンク、三菱商事といった優良株を長期保有、配当や株主優待を受けるのが賢明。初心者が株式の売買で簡単に利益を出せると考えるのは早計です。

投資信託による初心者向け資産運用ポイント

株式に限らず国内外の各種金融商品による資産運用をプロに任せられるという点で、投資信託に資産の一部を使ってみるのはおすすめです。

1万円前後から始めることができますし、株式にしろ海外投資にしろ、プロはどんな組み合わせで分散投資をするのか、そしてどんな値動きをするのか、実地で学ぶことができるわけです。

もちろん、報酬や手数料はかかりますが、少額で幅広い金融商品に投資することができる分、マネー学の実践と思えば十分元はとれます。

資産運用に悩む人に!
優良投資セミナー会社3選

クレア・ライフパートナーズ キャプチャ

クレア・ライフ・パートナーズ

【こんな人におすすめ】
・20代・30代で将来が不安な人
・ライフプランを踏まえて投資したい人
・少額から色々な投資をしてみたい人

コモンズ投信 キャプチャ

コモンズ投信

【こんな人におすすめ】
・将来への漠然とした不安がある人
・少額からコツコツ投資したい人
・ファンドに興味がある人

日本財託 キャプチャ

日本財託

【こんな人におすすめ】
・40代・50代で老後の資産形成したい人
・大きな金額をまとめて投資できる人
・中古マンション投資に興味がある人

ページTOPへ