投資初心者のためのお役立ちガイド HOME » リスクはどう?資産運用の体験談集 » 40代

40代

このページでは、海外預金などの投資で資産運用をしている40代の体験談を紹介します。

インドネシアの海外預金~40代の資産運用事例その1~

40代で銀行管理職の男性による海外預金の体験談です。

「我が家は4人家族ですが、一般的にいえば給与水準も高めで、現状あまりお金に困ることはありません。

とはいえ、自分はもう40代。東日本大震災以降の世の中を見ていると安定的なものなどなく、自分にもしものことがあった場合でも家族が困らないように備えをしておく必要性を強く感じていました。

仕事柄、金融商品についての知識や情報はそれなりにありましたが、いざ自分で投資をするとなると慎重になってしまう面もあって、株式や先物、不動産など都合2年近く様々な資産運用方法について検討した結果、選んだのが外貨預金。

収益性とリスクのバランスがよく、利息も日本とは比べものにならないほど高い利率になっている国があります。

40代の資産運用事例のイメージ

どの外貨を選ぶかも当然、金利がよい新興国で、比較的政情が安定していて日本との関係が良好な国という条件で、インドネシアにしました。現地銀行に口座を作るのは多少手間がかかりましたが、今では高利回りの運用ができています。

30年前の日本でも10%超の高金利時代があったことを思えば、これも経済成長期にある国ならごく当たり前のこと。

このままいけば4年後には無収入になっても困らない程度の収益モデルになりそうです」

中小企業経営者の海外投資~40代の資産運用事例その2~

40代中小企業経営者による海外投資の体験談です。

「自分で会社を経営していると、世界の中で日本が置かれている状況もわかるので、ここ数年は香港やタイなどアジアに口座を持つようになりました。

中でもおすすめなのがインドネシアの国営銀行でもあるマンディリ銀行。インドネシアは2.4億の人口で平均年齢が27歳とまさに成長期の真っ只中。インドネシアルピアの通貨価値も上がっていて、外貨預金だけでなく、その口座を通じて株や各種金融商品にも投資をしました。

今では複数の海外口座を使って分散投資していて、それらはおかげさまで高利回りの資産運用ができています。

うちの会社は20人規模の小さな会社ですが、数年後には利殖だけでスタッフの給与を賄うこともできそうです。もちろん事業本体も問題なく成長していますが、いざという時の保証があると思えば安心できます」

資産運用に悩む人に!
優良投資セミナー会社3選

クレア・ライフパートナーズ キャプチャ

クレア・ライフ・パートナーズ

【こんな人におすすめ】
・20代・30代で将来が不安な人
・ライフプランを踏まえて投資したい人
・少額から色々な投資をしてみたい人

コモンズ投信 キャプチャ

コモンズ投信

【こんな人におすすめ】
・将来への漠然とした不安がある人
・少額からコツコツ投資したい人
・ファンドに興味がある人

日本財託 キャプチャ

日本財託

【こんな人におすすめ】
・40代・50代で老後の資産形成したい人
・大きな金額をまとめて投資できる人
・中古マンション投資に興味がある人

ページTOPへ