投資初心者のためのお役立ちガイド HOME » 初心者向け投資のキホン知識 » 資産運用の種類について » 年金商品

年金商品

このページでは、公的年金を補う役割を持つ投資型年金保険の概要やメリットとデメリットなどを紹介します。

最低保証もある投資型年金など年金商品の概要

最低保証もある投資型年金など年金商品のイメージこれからの時代は公的年金だけだと安心して老後を過ごせないという思いは多くの人に共通する認識でしょう。そのために検討したいのが個人年金で、一般的には終身年金・確定年金・有期年金といった受取方式の違いが知られているところ。

一方で、保険会社の投資型年金という商品も、銀行窓口で販売していることもあり、個人年金のバリエーションとして選択肢に入れてもいいでしょう。

投資型年金といっても元本最低保証が付いた商品もあり、途中解約しなければ満期時は保険料を保証してくれるなど、日本人向けの仕様になっています。

投資型年金はファンドを通して株式や債券などで運用されるので、一種の投資信託ともいえますが、年金商品という性質上、手堅い運用をする傾向があります。

公的年金も資産運用として投資をしている時代なので、投資型年金がリスキーというわけではなく、最低保証があるならその分リターンも少ないと認識した方がいいでしょう。

年金商品という投資のメリット・デメリット

年金商品という投資のメリットとデメリットについて、以下にまとめてみました。

年金商品という投資のメリット

  • 年金の受取方を選べる
  • 公的年金に対する不安を補える
  • 長生きできれば十分に元が取れる
  • 低金利の契約者貸付が利用できる

年金商品という投資のデメリット

  • 受取期間によっては元本割れになることもある
  • 途中解約すると元本割れする可能性が高い

年金商品の投資リスク

国民年金にしろ厚生年金にしろ、これからの高齢化社会を考えると十分とはいえません。そういった意味では個人年金は資産運用として欠かせない面があります。

ただし、掛金と受取期間のバランスなどをきちんとシミュレーションした上で商品を選ぶ必要があり、終身年金だと25年以上受け取らないと結果的には元本割れするという試算もあるほど。

年金商品は様々なラインナップや方式がある上に、自分の寿命を予想することはできませんが、できるだけよい条件で資産運用するためにも複数の無料相談機関や投資セミナーを活用して判断してください。

資産運用に悩む人に!
優良投資セミナー会社3選

クレア・ライフパートナーズ キャプチャ

クレア・ライフ・パートナーズ

【こんな人におすすめ】
・20代・30代で将来が不安な人
・ライフプランを踏まえて投資したい人
・少額から色々な投資をしてみたい人

コモンズ投信 キャプチャ

コモンズ投信

【こんな人におすすめ】
・将来への漠然とした不安がある人
・少額からコツコツ投資したい人
・ファンドに興味がある人

日本財託 キャプチャ

日本財託

【こんな人におすすめ】
・40代・50代で老後の資産形成したい人
・大きな金額をまとめて投資できる人
・中古マンション投資に興味がある人

ページTOPへ