投資初心者のためのお役立ちガイド HOME » 初心者向け投資のキホン知識 » 資産運用の種類について » 生命保険

生命保険

このページでは、ハイリスク・ハイリターンともいえる投資性の強い生命保険の概要やメリットとデメリットなどを紹介します。

変動性で投資対象となる生命保険の概要

変動性で投資対象となる生命保険のイメージ生命保険の中にも投資型の商品があることは知っていますか?

生命保険として死亡保険金は支払われるものの、市場リスクを織り込みつつ金融商品としてそれなりのリターンが期待できる商品もあり、以下の3つを紹介しておきます。

  • 変額保険
    保険会社が株式や債券で資産運用をする保険で、運用状況によって保険金や解約返戻金が変動するもの。投資信託と似たような仕組みといえるでしょう。
  • 外貨建て保険
    終身保険や養老保険などの保険料及び保険金を外貨建てで行う商品。為替レートの動向に依存するため、資産が大きく増えることも減ることもあります。
  • 市場価格調整を利用した保険
    解約返戻金に市場価格調整率を適用することで変動性を持たせた保険。契約時と解約時の市場金利差が損益を左右する商品です。

こうした変動性のある生命保険は全般に保険料が安く設定される傾向があり、死亡保険金さえカバーできればいいと割り切れれば、投資対象としての選択肢になるでしょう。

投資性の強い生命保険のメリット・デメリット

投資性の強い生命保険のメリットとデメリットについて、以下にまとめてみました。

投資性の強い生命保険のメリット

  • 運用実績によって保険金や解約返戻金が増える可能性がある
  • 外貨建て保険は予定利率が比較的高い
  • 保険料が安価な商品がある
  • 契約者が投資先を選べる商品がある

投資性の強い生命保険のデメリット

  • 解約返戻金の最低保証がない商品がある
  • 市場動向に左右されるためハイリスクとなる傾向がある

投資性の強い生命保険のリスク

生命保険を投資性の強い商品だけ契約するというケースはあまり多くないでしょうが、それでもこうした生命保険は保険というより投資的側面が強いので、ハイリスク・ハイリターンだということは認識しておく必要があります。

保険料の安さにひかれて生命保険を選ぶと、死亡保険金以外は保証されないという商品もあるので注意が必要です。

これまでの生命保険は投資というより万一の状況に対する備えという側面で加入する人がほとんど。

そのため、投資性の強い生命保険というものを、どのように選んでポートフォリオに組み込むのか、わかりにくい部分があります。

一方、少なくない保険料を長年支払うだけが正しいわけではなく、生命保険を見直す中で、どう資産運用すべきか、複数の無料相談機関や投資セミナーを活用して判断してください。

資産運用に悩む人に!
優良投資セミナー会社3選

クレア・ライフパートナーズ キャプチャ

クレア・ライフ・パートナーズ

【こんな人におすすめ】
・20代・30代で将来が不安な人
・ライフプランを踏まえて投資したい人
・少額から色々な投資をしてみたい人

コモンズ投信 キャプチャ

コモンズ投信

【こんな人におすすめ】
・将来への漠然とした不安がある人
・少額からコツコツ投資したい人
・ファンドに興味がある人

日本財託 キャプチャ

日本財託

【こんな人におすすめ】
・40代・50代で老後の資産形成したい人
・大きな金額をまとめて投資できる人
・中古マンション投資に興味がある人

ページTOPへ