投資初心者のためのお役立ちガイド HOME » 初心者向け投資のキホン知識 » 資産運用の種類について » 投資信託

投資信託

このページでは、長期運用なら安定感もある国内の投資信託について概要やメリットとデメリットなどを紹介します。

専門家に任せられる国内の投資信託とは

専門家に任せられる国内の投資信託のイメージ投資信託の投資対象となる主なものは債権、株式、不動産、原油や金など。これらを単独で投資のものもあれば、複数を組み合わせて投資をする商品もあります。

一般的には債権投信信託、不動産投資信託、株式投資信託の3つに分類され、債権がもっともローリスク・ローリターンで、株式がもっともハイリスク・ハイリターンといえます。

債権投資信託は日本に限らず、新興国の債券などを対象とするものもありますが、全般的には安定運用を志向する商品といえるでしょう。

不動産投資信託はREITと呼ばれ、投資信託の中では比較的新しくミドルリスク・ミドルリターンの商品です。自分で不動産を所有しなくても賃料という安定収入を得られる点が魅力です。

株式投資信託は株式投資を専門家に任せて運用すると考えてもらえば話が早いでしょう。プロがセレクトして売買するので、大きな利益を得られる可能性もありますが、やはりその分リスクも大きくなります。

なお、投資信託は投資対象が海外のものも、国内の銀行や証券会社、郵便局などが取り扱っています。

投資信託という投資のメリット・デメリット

投資信託という投資のメリットとデメリットについて、以下にまとめてみました。

先物取引のメリット

  • 銀行預金より利回りがいい
  • 長期運用なら年利回り5%前後で安定
  • 運用はプロに任せられる
  • 千円という少額から始められる
  • 分散投資でリスク軽減になる

先物取引のデメリット

  • 元本保証はない
  • 信託報酬と販売手数料がかかる
  • 運用はファンド任せになる

投資信託の投資リスク

様々な投資方法がある中で、投資信託は専門家が運用をしてくれるという点で、銀行や郵便局に預金がある場合は資産運用の提案を受けることも少なくないでしょう。

投資信託は元本保証ではない点がリスクではありますが、それよりも重要なポイントは運用先選び。

しっかり利益を出してくれる運用先を見極める必要があり、セールストークに惑わされず販売会社をきちんと選ばないと結果的に損をするリスクがあるわけです。

少額から始められることもあり比較的ハードルの低い投資信託ですが、銀行や証券会社などどこを選ぶかは、複数の無料相談機関や投資セミナーを活用してみてください。

資産運用に悩む人に!
優良投資セミナー会社3選

クレア・ライフパートナーズ キャプチャ

クレア・ライフ・パートナーズ

【こんな人におすすめ】
・20代・30代で将来が不安な人
・ライフプランを踏まえて投資したい人
・少額から色々な投資をしてみたい人

コモンズ投信 キャプチャ

コモンズ投信

【こんな人におすすめ】
・将来への漠然とした不安がある人
・少額からコツコツ投資したい人
・ファンドに興味がある人

日本財託 キャプチャ

日本財託

【こんな人におすすめ】
・40代・50代で老後の資産形成したい人
・大きな金額をまとめて投資できる人
・中古マンション投資に興味がある人

ページTOPへ