投資初心者のためのお役立ちガイド HOME » 初心者向け投資のキホン知識 » 資産運用の種類について » 国内債券(個人向け国債)

国内債券(個人向け国債)

このページでは、手堅さが魅力の個人向け国債とはどんな投資か、概要やメリットとデメリットなどを紹介します。

預金よりはリターンが見込める国内債券(個人向け国債)という投資の概要

個人で投資できる国債には金利が固定型と変動型の2種類があり、固定の場合は3年・5年といったバリエーションもあります。

預金よりはリターンが見込める国内債券(個人向け国債)のイメージ1万円からの投資が可能で、定期預金よりは多少利回りがいいことから、日本国債はローリスク・ローリターン投資の代表的な金融商品といわれるわけです。

今や個人向け国債はネット証券で手軽に購入できますし、分散投資で中長期運用する資金なら手軽に始められると思います。

また、国内債券という意味では地方債や社債なども投資対象となります。

ギリシャでは国債が暴落する事態も起きたほど、公社債も絶対に安心とはいえませんが、日本国内で見れば比較的安全な投資といえるでしょう。

国内債券(個人向け国債)という投資のメリット・デメリット

国内債券(個人向け国債)という投資のメリットとデメリットについて、以下にまとめてみました。

国内債券(個人向け国債)という投資のメリット

  • 国が元本を保証してくれる
  • 1万円から少額投資ができる
  • 1年後以降ならいつでも中途解約可能
  • 個人向け国債以外にも商品がある

国内債券(個人向け国債)という投資のデメリット

  • 個人向け国債は通常国債より金利が低い
  • 募集期間が短い
  • 変動型だと金利変動リスクがある

国内債券(個人向け国債)の投資リスク

個人向け国債に関していえば、期間以内に解約する場合に利息を払う必要があり、市場金利の状況によっては元本割れするリスクもあります。

最低限、1年間は解約しないことを前提に投資する必要があるわけです。

また、先日は日銀総裁がマイナス金利を導入するなど、今後の金融政策における不透明なリスク要因はあります。

ローリスク・ローリターンの安定した資産運用という点で、定期預金よりは個人向け国債の方がましという考え方もありますが、ポートフォリオ全体でどう分散投資すべきかは、複数の無料相談機関や投資セミナーを活用して判断してください。

資産運用に悩む人に!
優良投資セミナー会社3選

クレア・ライフパートナーズ キャプチャ

クレア・ライフ・パートナーズ

【こんな人におすすめ】
・20代・30代で将来が不安な人
・ライフプランを踏まえて投資したい人
・少額から色々な投資をしてみたい人

コモンズ投信 キャプチャ

コモンズ投信

【こんな人におすすめ】
・将来への漠然とした不安がある人
・少額からコツコツ投資したい人
・ファンドに興味がある人

日本財託 キャプチャ

日本財託

【こんな人におすすめ】
・40代・50代で老後の資産形成したい人
・大きな金額をまとめて投資できる人
・中古マンション投資に興味がある人

ページTOPへ