投資初心者のためのお役立ちガイド HOME » 初心者向け投資のキホン知識 » 資産運用の種類について » 外貨預金

外貨預金

このページでは、米ドルやユーロをはじめとする外貨預金は投資としてどんなメリットとデメリットがあるのか、基本的な仕組みなどを含めて紹介します。

為替差益を考慮すべき外貨預金という投資とは

為替差益と利息と考慮すべき外貨預金のイメージ

米ドルを例として外貨預金の仕組みを説明しましょう。

まず、円を米ドルに交換します。この際、常に為替レートは変動するので、交換する際に同じ円でも米ドルではいくらになるかは変わってきます。

基本的には円が高めの時に交換するのがポイントで、交換には手数料もかかります。交換した米ドルで一定期間の預金をするわけですが、ここで利息がつくのは普通の国内預金と変わりません。

最終的に米ドルを円に交換すると差益が確定するわけですが、これは満期日の為替レート次第で、この交換時にも手数料はかかります。

国際通貨という点では米ドルやユーロがイメージされると思います。

実際、最近はアメリカの経済が好調ということもあり、米ドルの外貨預金が人気を集めていますが、他にもオーストラリアドルやニュージーランドドルなども金利が高いという点で、ユーロよりも人気の外貨です。

外貨預金自体は国内の金融機関も取り扱っているので、仕組みを理解していれば、手続きなどはさほど難しくないでしょう。

外貨預金という投資のメリット・デメリット

投資としての外貨預金のメリットとデメリットについて、以下にまとめてみました。

外貨預金のメリット

  • 日本国内より金利の高い預金を選べる
  • 円安傾向が進めば為替差益でより資産が増える

外貨預金のデメリット

  • 元本保証はない
  • 円高に振れると為替差益で資産が減る
  • 為替手数料がかかる

外貨預金商品の投資リスク

アベノミクス以降は全般的に円安が進んでいるので、この間に外貨預金で大きく資産を増やした人も少なくありません。

ただし、為替相場は様々な要因で大きく変動するリスクが常にあります。急激な円高になってしまうと、一気に資産が目減りするリスクを内在していることは憶えておいてください。

国内預金が超低金利なだけに外貨預金も検討すべき時代ですが、適切な資産運用を考えるなら、より多くの投資方法を検討するために、複数の無料相談機関や投資セミナーを活用してみてください。

資産運用に悩む人に!
優良投資セミナー会社3選

クレア・ライフパートナーズ キャプチャ

クレア・ライフ・パートナーズ

【こんな人におすすめ】
・20代・30代で将来が不安な人
・ライフプランを踏まえて投資したい人
・少額から色々な投資をしてみたい人

コモンズ投信 キャプチャ

コモンズ投信

【こんな人におすすめ】
・将来への漠然とした不安がある人
・少額からコツコツ投資したい人
・ファンドに興味がある人

日本財託 キャプチャ

日本財託

【こんな人におすすめ】
・40代・50代で老後の資産形成したい人
・大きな金額をまとめて投資できる人
・中古マンション投資に興味がある人

ページTOPへ