投資初心者のためのお役立ちガイド HOME » 初心者向け投資のキホン知識 » 運用期間について

運用期間について

このページでは、短期的投資と長期的投資ではどのような違いがあるか、資産運用の期間を基軸に検証します。

リスクとリターンに期間も加味して資産運用方法を検討する

資産運用の期間の説明イメージ資産運用の方法を検討するにあたっては、その投資のリスクとリターンの度合に加えて運用期間についても比較材料に含めておく必要があります。

わかりやすい例を挙げると、固定型の低金利商品である定期預金や個人向け国債なら安全ではあるものの、これらだけでは長期的投資をしたとしてもあまり資産が増えるとはいえません。

かといって、ハイリスク・ハイリターンの金融商品を一般人が頻繁に売買して利益を増やしていくというのも現実的ではないでしょう。

資産運用の期間という観点で見た場合、償還期限が決まっている債権なら比較的運用期間を選びやすいといえます。

信用リスクという懸念材料もあるにはありますが、金利や元本が保証されていて期間が明確なので、動かせる資産と期間とを組み合わせて、短期・中期・長期と分散投資するのに適しています。

投資信託はどちらかといえば中長期的な投資に向いています。プロに運用を任せる商品であり、分散投資の試算は中長期で見た場合に目標を達成するのが一般的で、確定拠出型年金や変額年金保険なども投資ではあるものの長期で結果を出すという部分で、ある程度リスクを抑える意味合いがあるわけです。

不動産投資もやはり中長期的な資産運用向き。住宅ローンによる節税効果や生命保険代わりになる点、そして家賃収入や相続税対策なども加味すると、短期の売買で収益を得るよりも保有し続けることで総合的に資産を増やすという考え方に合う投資商品です。

外貨預金や株式投資における資産運用の期間

外貨預金の場合、日本と比べれば高い利回りの国も多々あり、中期的には安定成長することも十分に考えられます。

日本も含めて先進国がかつて成長してきたプロセスで高金利だった時代を振り返れば、その国の主要銀行ならある程度信頼はできると思います。

ただし、金融商品はグローバルな影響を受けやすい状況にあり、為替リスクもあるので、何十年も安定運用できるとは思わない方がいいでしょう。

株式投資の場合、値動きが大きいため短期向きか長期向きかを言及することができません。

それでも、運用の考え方としては優良株を長期保有して配当を得ることを基本としつつ、最終的に売却益を得られるような運用ができればベターです。

もし、短期運用するとしたら、余剰資金の範囲にとどめておくのが賢明です。

資産運用に悩む人に!
優良投資セミナー会社3選

クレア・ライフパートナーズ キャプチャ

クレア・ライフ・パートナーズ

【こんな人におすすめ】
・20代・30代で将来が不安な人
・ライフプランを踏まえて投資したい人
・少額から色々な投資をしてみたい人

コモンズ投信 キャプチャ

コモンズ投信

【こんな人におすすめ】
・将来への漠然とした不安がある人
・少額からコツコツ投資したい人
・ファンドに興味がある人

日本財託 キャプチャ

日本財託

【こんな人におすすめ】
・40代・50代で老後の資産形成したい人
・大きな金額をまとめて投資できる人
・中古マンション投資に興味がある人

ページTOPへ