まず知ろう!投資初心者のための基本知識

株式投資や投資信託、不動産投資、金、外国為替など、一口に投資と言っても、その種類は様々。
必要とする元手の金額も違えば、リスク・リターンのバランスも違います。 投資を始めるには、まずこうした投資商品の中から、どれが自分に向いているのかを判断する必要があるのです。このサイトでは、投資初心者の人がまず知っておきたい、基本的な内容をまとめています。ぜひ目を通して、自身のライフプランを組み立てる際の一助にしていただけたら嬉しいです。
また、世の中には、そうした投資・資産運用の悩みに無料で応じてくれる相談先や、セミナーがあります。 こうしたサービスも活用しながら、無理のない範囲で資産運用を始めてみてください。

無料セミナーで資産運用の基本を知ろう!おすすめ投資セミナー会社3選

シニア世代でも始められるセミナーはここ!

コモンズ投信 キャプチャ

コモンズ投信

【こんな人におすすめ】
・世代を問わず、将来への漠然とした不安がある人
・少額からコツコツ投資したい人
・ファンドに興味がある人

投資の事をしっかり学びたい人はここ!

クレア・ライフパートナーズ キャプチャ

クレア・ライフ・パートナーズ

【こんな人におすすめ】

・20代・30代で将来が不安な人
・ライフプランを踏まえて資産形成したい人
・少額から色々な投資をしてみたい人

将来の不安を払拭してほしい人はここ!

日本財託 キャプチャ

日本財託

【こんな人におすすめ】
・40代・50代で老後の資産形成を考えている人
・大きな金額をまとめて投資できる人
・中古マンション投資に興味がある人

マネープランの大切さについて- MONEY PLAN -

マネープランについてイメージ画像

投資・資産運用を考えるとき、まず大切になってくるのが、絶対に守るべきルールを作ること。

たとえば、「決めたライン以上の損失が出たら一旦資金を回収し、それ以上の損失を防ぐ」といったルールです。どんな投資にせよ、初心者のうちに状況に振り回されるまま投資をしてしまうと、確実に損をします。

まずは、投資の目的を明確にし、いつまでにどの程度の利益を得たいのかを、はっきりさせましょう。

そのために役立つのが、人生設計を踏まえたマネープランです。自分や家族の人生を見据え、取れるリスク・必要な利益に見合った資産運用を検討してみてください。

主だった投資の種類- THE TYPE OF INVESTMENT -

投資の種類は、たくさんあります。以下に主だったものの概要をまとめてみましたが、多すぎてどれを選んだらよいかわからない、というようなこともあるでしょう。手当たり次第に試すにしても、限界があります。

「とにかく自力でお金を儲けたい!」というような熱意がある場合を除き、そういった場合は投資や資産運用の無料セミナーに参加してみるのがおすすめです。

最近は、相談だけなら無料で対応してくれるサービスも増えています。そういったものも活用しながら、自分に最適の投資手段を探してみるとよいでしょう。

預金 外貨預金
銀行に預けるだけなので安全性は高い。しかし利回りが低く、物価の上昇が金利を上回る場合、相対的に損をしてしまう。
預金について詳しく見る>>
日本円より金利が高い。また、両替時より円安になっていれば、差益も得られる。ただし円高になってしまったら損をするうえ、手数料が高い。
外貨預金について詳しく見る>>
株式投資 投資信託
知識さえあれば、値上がり益や配当金、株主優待など、メリットが多い。ただし失敗すると、元手が大幅に目減りしてしまうリスクもある。
株式投資について詳しく見る>>
手間なくそれなりのリターンが期待できる。ただし、取り扱っている債券や経済状況によっては、元本が目減りするリスクもある。
投資信託について詳しく見る>>
外国為替 不動産投資
24時間取引できる(土日除く)ため、短期間で値上がり益が得られる。ただし値動きの指標が少なく、予想が困難。また、借金を背負うリスクもある。
外国為替について詳しく見る>>
ローリスクで、長期間安定した収益が見込める。ただし数百万単位の元手が必要な上、自力で管理する場合は賃貸管理や空室対策などの手間も掛かる。
不動産投資について詳しく見る>>
生命保険 海外オフショア投資
貯蓄型の生命保険に加入し、所得控除を利用して還付金を得る方法。大きなリスクはないが、途中解約すると戻ってくるお金が目減りしてしまう。
生命保険について詳しく見る>>
海外の金融商品を運用することで利益を得る投資。利回りは高く税率は低いなど、メリットが多い。ただし情報が少なく、信頼できる会社選びが難しい。
海外オフショア投資について詳しく見る>>

年収別にみる最適な投資方法- RECOMMEND -

投資を考えるとき、やはり気になるのが自分の年収でどんな資産運用が選べるのか、ということだと思います。ざっくりとした年収別に、どんな投資方法が検討できるのか、見ていきましょう。
年収300万円のおすすめは…イメージ画像

年収300万~400万円代

少額からはじめられる投資には、株式投資やFX、投資信託などが挙げられます。

投資額が小さいうちは得られる利益も小ぶりですが、コツコツ努力をすることで、大損するリスクなく実力をつけていくことができます。

また、多忙であまり時間が取れない場合は、早いうちに投資信託をはじめ、時間を味方につけることで、将来的に大きな利益を見込むことも可能。

資産運用は、将来を見据えた戦略が大切です。最近は貯蓄の少ない若年層向けの投資セミナーも登場してきていますので、妥協せずに勉強し、充実した人生設計を組み立てましょう。

年収1000万円以上のおすすめは…イメージ画像

年収500万円以上

初期投資にある程度の金額を用意できる場合は、不動産投資など、ローリスク・ミドルリターンが見込める投資がおすすめです。

物件選びや借り入れについてなど、事前にある程度の知識を得ておく必要はありますが、うまくいけばそれを補って余りある利益を手にすることができるでしょう。

国内の都市圏はもちろん、最近は海外の不動産投資情報も透明性が高くなってきています。アンテナを高く持ち、損のない選択をしてみてください。

資産運用の体験談- EXPERIENCE -

資産運用の体験談を、20代・30代・40代・50代と世代別にピックアップしてみました。資産運用を始めるきっかけやどんな点が自分に合うのかなど、参考になる意見がきっと見つかるはずです。

投資や資産運用は自分には難しいとかリスクが怖いと思っている人もいるかもしれません。

しかし、これからの時代を考えると、自分の資産は自分で検討判断して、将来に対する備えをしておく必要があります。

リスクを抑えるという観点からいえば、20代・30代のうちから資産形成をしておく方が無理をせずに投資することもできるでしょう。

老後までの人生を見据えて具体的にライフプランを立てることで、何にいくらのお金がかかるかも見えてきて、早いうちからきちんと計画しておくことの大切さが実感できると思います。

20代男性 会社員イメージ画像

20代男性 会社員

将来の不安は常に感じていて、特に僕ら世代は公的年金がもらえるかどうかも怪しいと思っています。老後資金は自己責任という意識もあって、今のうちから積極的に投資をしておこうと考えていました。いろいろな投資方法がある中で、僕が選んだのはマンション…20代の投資体験談を読む>>

30代男性 自営業イメージ画像

30代男性 自営業

うちにはまだ子供がいないのですが、共稼ぎでも将来には不安があり、ましてや子育てにかかる資金を考えると、このままでは生活に差し支えると考えて、夫婦で資産運用をしようということになったのです。30代の資産運用事例のイメージまず始めたのが二人で毎…30代の投資体験談を読む>>

※免責事項※
このウェブサイトは、個人的に行った調査の情報に基づいて作られています。細心の注意を払っていますが、一部に誤りがある可能性もございます。ご了承ください。また、紹介している各サービスの詳細情報は、公式サイトでご確認ください。
ページTOPへ